切粉分離回収装置・工場設備の保守点検修理のことならお任せください。

TEL:054-414-3020  お問い合わせ
  • ツカサ技研 トップ
  • 製品紹介
  • 事業内容
  • 製品納入実績
  • 修理改善実績
  • 会社概要
製品紹介
トップページ > 製品紹介 > マグネットコンベア詳細ページ

マグネットコンベア


磁性体の切屑搬送に最適です。
切削加工(主に旋盤自動盤、ボール盤マシニング、ガンドリルシェービング、ブローチ盤、フライス盤、ボブ盤を使った
加工)により生じた切粉の分離搬出に適しています。
砥粒のみを除去することは基本的にできません。
混合している磁性体の切粉に混ざった形での吸着は可能です。
切粉の形状や使用環境にもよりますが、基本的には永久磁石はフェライトマグネットを使用します。


1.マグネット可動式コンベア

マグネットコンベア

ポイント

チェーンコンベアに永久マグネットを取り付けマグネットの力で切粉を吸引搬送除去する装置です。ヒンジプレートのつなぎ目に入り込むような小さい細かい磁性体の切粉に適しています。
コンベア内部に搬送切粉が接触しないため、コンベア不良率が低くなります。
日常のメンテナンスが少なく容易となります。
 


IMG_0672 写真_マグネットコンベア  IMG_0677
チェーンの張りを、テイクアップして調節し  標準タイプでマグネットを17個使用します。     シュートも設計製作できます。
ます。

標準仕様
処理切屑
切粉形状短、粒状、チップ状、小カール状
(長さ100mm以下)
処理液水溶性クーラント
 





2.マグネット固定式コンベア



 マグネットコンベア



ポイント

コンベア底部にマグネットを敷き詰め、沈降する切粉にマグネットの吸引力を加えて下面に強制的に沈下させ、スクレーパーにより切粉を搬出します。

フロアマグネットは合理的に敷き詰められていて、どの位置でもほぼ平均した吸着力を持つとともに、磁力線は上面のみに集中しています。

クーラント液は、全量が磁力線の範囲をゆっくり通過しクリーンタンクへ流れます。その間に液中の磁性切粉及びスラッジは自然に、あるいは強制的に沈下し、磁石により磁性物は強制吸着され、また磁性物に付着している非磁性粒子も同時に磁石に吸着し蓄積されます。底面上に蓄積された切削切粉やスラッジはかきあげコンベアのかき板により集められながら搬出されます。

なお、液の表面に浮遊しているスカムなどはオイルスキマーを設置することにより容易に取り除くことができます。クリーン液はポンプにより機械に送られます。

固定式にするメリットとしては、基本的にはマグネットの使用数が可動式と比べ少なくなるので可動式より安価となります。


デメリットとしては、コンベア内
部が搬送切粉と接触するため、日常メンテナンスを必要とします。また、油種、切屑によっては切屑油の持ち出しが多くなる場合があります。



マグネットコンベア 固定 マグネットコンベア 固定  マグネットコンベア 固定
マグネット使用数は標準タイプで7個        シュート据付イメージ           
シュートも設計製作できます。   
です。

標準仕様
処理切屑
切粉形状短、粒状、チップ状、小カール状
(長さ100mm以下)
処理液水溶性クーラント
 





  ご注文の流れ

詳細使用については打ち合わせにより変更可能です。油性クラーンとの場合はお問い合わせください。お問い合わせ054-414-3020




〒433-8116 静岡県浜松市中区西丘町252
TEL.053-414-3020 FAX.053-414.-3021